ユース非核特使(読み)ゆーすひかくとくし(英語表記)Youth Communicator for a World without Nuclear Weapons

知恵蔵miniの解説

ユース非核特使

若い世代が被爆者の体験を継承し、国際社会に訴えていく活動を支援する制度。外務省が軍縮や核廃絶に向けて署名集めなどの活動や研究の実績がある30歳未満の人を対象に募集・委嘱する。同制度は2013年4月9日にオランダ・ハーグにおいて行われた第6回軍縮・不拡散イニシアティブ(NPDI)外相会合で、岸田文雄外務大臣が立ち上げについて発表した。導入の背景には、被爆者の高齢化がある。政府は、被爆体験を記憶にとどめ、国際社会に訴えていくには若者への支援が必要であるとの認識の下、同制度を導入。「特使」になった人は重要な国際会議に出席する場合などには資金面での援助を行うことも検討している。

(2013-7-2)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ユース非核特使の関連情報