コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ユーパック化合物命名法 ユーパックかごうぶつめいめいほうnomenclature of chemical compound by IUPAC

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ユーパック化合物命名法
ユーパックかごうぶつめいめいほう
nomenclature of chemical compound by IUPAC

有機化合物には,その研究者や発見者の名にちなんで命名され,それが慣用名となっているものが多い。発見された原材料の名称に由来するものも多いが,のちに同一物質であることがわかって1つの名称に統一されたものも少くない。1つの名称が1つの化合物に対応し,しかもその化学構造を表わすことができるような万国共通の命名法が必要とされ,1892年ジュネーブ命名法がつくられた。しかしこれは不完全なものであった。 1947年以降,国際純正・応用化学連合 (IUPAC) 内の有機化学命名委員会で検討が続けられ,いくつかの規則が決定された。これがユーパック命名法である。 (1) 炭化水素,(2) 基本となる複素環系,(3) 炭素,水素,酸素,窒素,ハロゲン,硫黄,セレン,テルルを含む特性基の命名法が委員会で規定された。しかし,このなかにはメタン,メチル,メチレン,メチリデン,ベンゼンフェニルなど,従来から使われている名称も保存されている。ユーパック命名法によれば,名称から構造式を書くことが可能であるが,複雑な化合物では非常に長くなるため,実用上は慣用名が使われる場合も少くない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ユーパック化合物命名法の関連キーワードグリコール

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android