ヨウ(エウ)・よこしま(漢字)

普及版 字通の解説


12画

[字音] ヨウ(エウ)
[字訓] よこしま

[説文解字]

[字形] 形声
声符は(よう)。は缶(ほとぎ)の上に肉をおいて祈る意。〔説文〕にみえず、〔方言、六〕に「(よこしま)なり」とし、「山(関)よりして西、そ物、細大不純なる、之れをと謂ふ」とあるから、純正でないことをいう。呪詛の意をもつ・謠()と関係のある語であろう。徭(よう)と通用する。

[訓義]
1. よこしま。
2. ゆるやか。
3. 徭と通じ、えだち、つかい、つとめる。
4. 字はまたに作り、うらないみる意。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕 ツカフ

[声系]
〔説文〕五下に「は瓦なり。缶(ふ)に從ひ、(にく)聲」とするが、と同じく会意とみるべきである。また人部八上に「(えう)は喜ぶなり」とあるも、を収めず、徭・謠もまた未収声の字には瑤(瑶)・・搖()など八字を収め、(遥)は〔新附〕に加える。

[語系]
jiu、jiは声義が近い。・遙・搖jiも、みな搖動・疾遠の意がある。は呪祝のことを示す字。逍遙si-jiは相羊siang-jiangと同じく、畳韻の形況の語である。

[熟語]
使
[下接語]
・緩・征・丁・備・賦・平

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android