コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨウィニアヌス Jovinianus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨウィニアヌス
Jovinianus

[生]?
[没]405頃/412以後
古代ローマの修道士。初めミラノで修道生活をおくっていたが,神の前には童貞生活も結婚生活も同じ価値であること,断食はそれ自体無価値であること,罪には大小の区別がないこと,聖母マリアは終生処女ではなかったことなどを主張して修道院を退き,ローマに出てその教えを述べ,多数の追従者を得た。アウグスチヌスヒエロニムスは彼を反駁し,教皇シリキウスおよびミラノ宗教会議におけるアンブロシウス司教は彼の説を異端として断罪した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヨウィニアヌスの関連キーワードエウリピデス広開土王広開土王オリュンピウステオフィロス広開土王広開土王阿花王ディオニュシオス[1世]プルデンティウス