コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

広開土王 こうかいどおうKwanggaet'o-wang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広開土王
こうかいどおう
Kwanggaet'o-wang

[生]小獣林王4(374)
[没]広開土王21(412)
朝鮮,高句麗の第 19代の王 (在位 391~412) 。正しくは国岡上広開土境平安好太王という。諱は談徳。号は永楽大王。王の功業は「広開土王碑」文と『三国史記』によって知ることができる (『三国史記』は記述が簡略にすぎ,「広開土王碑」文は王の遠征の跡を克明に記している) 。父の故国壌王の跡を継ぎ,高句麗国発展の基礎をつくった。すなわち,西方では玄菟 (げんと) ,遼東の領有をめぐって中国のと攻防戦を展開し,名目上は燕王から遼東,帯方2国の王に封じられたが,事実上は燕から独立していた。また,南下して,広開土王5 (396) 年には百済を親征して 58城を落し,百済王の弟や重臣,および農民ら千余人を捕えて帰国したのをはじめ,以後たびたび南下して (日本) に通じる百済を討った。同年,軍を平壌にも進め,翌年には5万の大軍を動員して新羅を助けて倭軍を攻め,遠く任那加羅 (現在の金海方面) にまでいたった。5世紀の初めには,北上して旧帯方の地に進んできた倭軍を大破したと記されている。同じ頃高句麗歴代の属国であった東扶余を親征して威力を示した。王の一代はこのように主として対外経略に費やされ,高句麗は王の時代と次の長寿王時代が最盛期であった。碑文には王の遺訓や教令も記されているが,内政上の具体的なことは史料の欠乏もあってよくわからない。碑文について 1970年代に朝鮮人学者から疑問が出されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうかいど‐おう〔クワウカイドワウ〕【広開土王】

[374~412]高句麗(こうくり)第19代の王。在位391~412。諱(いみな)は談徳。南北に進出して朝鮮半島の大半を領有。百済(くだら)と結んで南部に進出した日本軍と戦い、撃退した。鴨緑江(おうりょっこう)の中流西岸(現在の中国吉林省集安市)に残る同王碑は日朝関係史の重要な資料とされる。好太王。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

広開土王【こうかいどおう】

高句麗(こうくり)第19代の国王(在位391年―413年)。正式な王名は国岡上広開土境平安好太王。略して好太王ともいう。輯安(集安)に都し,広く領土を開いて高句麗の全盛を招く。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

広開土王 こうかいどおう

374-412 高句麗(こうくり)(朝鮮)の第19代国王。在位391-412。
18歳で即位し,北西方の燕(えん),南では百済(くだら)や倭(わ)とたたかい領土を拡大,高句麗を発展させた。39歳で死去。414年子の長寿王が父の功績を記念して国内城(中国吉林省集安県)にたてた広開土王碑は,4世紀末から5世紀初頭にかけての日朝関係を知る貴重な史料。名は談徳。通称は好太王,永楽太王諡号(しごう)は国岡上広開土境平安好太王。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こうかいどおう【広開土王 Kwang‐gae‐t’o‐wang】

374‐413
朝鮮,高句麗第19代の王。在位391(392?)‐413年。故国壌王の子で,諱(いみな)は談徳。広開土王碑文には〈国岡上広開土境平安好太王〉とあり,好太王とも永楽太王とも呼ばれる。王の治績は碑文に余すところなく銘記されており,朝鮮半島に南進策をとって百済,新羅を連年圧迫し,396年には百済王の弟や大臣を人質にとり,また404年には2国の背後にいた倭の勢力と対戦してこれを潰敗させたという。また西方では395年に燕と戦闘を交え,410年には東夫余とも対抗してこれを討滅し領域を大いに拡張し,在位22年間を通して64城1400村を獲得したと碑文にある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こうかいどおう【広開土王】

374~412) 高句麗こうくり第一九代の王(在位391~412)。南は百済・倭などと戦い、北は遼東りようとうの鮮卑を討ち、領土拡張につとめた。好太王こうたいおう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

広開土王
こうかいどおう
(374―412)

朝鮮、高句麗(こうくり)第19代の王(在位391~412)。正式な王号は国岡上広開土境平安好太王(こくこうじょうこうかいどきょうへいあんこうたいおう)、略して広開土王という。日本では好太王というが、同名の高句麗王がほかに3名いて、固有の王号にふさわしくない。諱(いみな)は談徳あるいは安、号は永楽大王。父は故国壌王。4世紀の高句麗は前半に燕(えん)、後半に百済(くだら)から侵略され、苦難の時期であったが、この王代からふたたび領土拡大を図り、次の長寿王代の最盛期の基礎をつくった。即位当初はなお百済の侵略に悩まされていたが、395年に北方の諸民族を討伐し、百済にも大勝すると、燕(えん)は王に平州牧遼東帯方(へいしゅうぼくりょうとうたいほう)二国王の称号を与え、遼河以東の支配を認めた。396年には水軍を率いて、倭(わ)に従していた百済を討ち、王弟を人質とした。この倭は朝鮮南部ないし北九州の倭とみられる。398年には沿海州地方の碑麗(ひれい)(沃沮(よくそ)地方)を征服し、400年には倭軍に占領された新羅(しらぎ)に5万の大軍を派遣し、これを救うと、倭軍を追って任那(みまな)、加羅(から)に迫った。しかし、安羅(あんら)などに反撃されて北帰した。高句麗軍が南下するのをみて、燕は遼東地方に侵入したが、あまり成果は得られなかった。404年に高句麗は倭軍の反撃を帯方地方(黄海道)で食い止め、以後、漢江下流域の攻防となった。410年には北方の東扶余(ふよ)を服属させた。このように広開土王は、南方の百済、倭、北西方の燕と厳しく対立しながら、朝鮮中央部から遼河に至る地域を確保した。[井上秀雄]

広開土王陵碑

この王代の詳しい記録が広開土王陵碑文にみられる。この碑は414年に建立され、中国吉林(きつりん)省集安市に現存している。碑石は四角柱の角礫凝灰石(かくれきぎょうかいせき)で、高さ6.3メートル、幅1.3~1.9メートル。碑文の字数は総計1802字(1775字説もある)で、文字の大きさは平均12センチメートル平方。1880年に発見され、84年に日本陸軍の砲兵大尉酒匂景信(さかわかげあき)がその拓本を入手し、参謀本部で解読した。近年この碑文の倭関係記事の改竄(かいざん)、異なった解読、釈文、欠字推定などの問題が提起されている。1980年代に入ると、原碑の研究が中国で再開され、84年7月以降、日本人研究者による原碑の見学・研究も始まった。[井上秀雄]
『朴時亨著『広開土王陵碑』(1966・朝鮮社会科学院) ▽李進煕著『広開土王陵碑の研究』(1972・吉川弘文館) ▽水谷悌二郎著『好太王碑考』(1977・開明書院) ▽王健群著『好太王碑の研究』(1984・雄渾社) ▽寺田隆信・井上秀雄編『好太王碑探訪記』(1985・日本放送出版協会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

広開土王の関連キーワード総合年表(北・東・東南アジア)古代高句麗王国の首都と古墳群チーアン(集安)市高句麗・高勾麗任那(みまな)横井 古城輯安遺跡牟頭婁塚谷那庚受好太王碑鴨緑江李進煕奈勿王徳興里大王陵生口桓仁鮮卑倭寇加羅