ヨコスジカジカ(読み)よこすじかじか(英語表記)Japanese irish lord

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨコスジカジカ
よこすじかじか / 横条鰍・横条杜父魚
Japanese irish lord
[学]Hemilepidotus gilberti

硬骨魚綱カサゴ目カジカ科に属する海水魚。茨城県以北の太平洋岸、日本海北部、オホーツク海、ベーリング海に分布する。体の背側、側線上および側線の下方にそれぞれ鱗(うろこ)の列がある。背びれは1基で、前部と中央部に深い切れ込みがある。雄では腹びれが長くて肛門(こうもん)に達し、胸びれと腹びれの軟条の内側にこぶ状突起がある。体色は淡橙(たんとう)色で、6条の暗色横帯がある。目の下に幅広い黒色の1横帯がある。水深200メートル以浅の海底にすむ。産卵期は冬。底引網や底刺網(そこさしあみ)で多量に漁獲される。体長36センチメートルぐらいになる。刺身、煮つけ、鍋物(なべもの)にする。
 近縁種のナメヨコスジカジカは背びれ第1棘(きょく)は第2棘より短い。クジャクカジカは側線より下方に鱗列(りんれつ)がない。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android