コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

底刺(し)網 ソコサシアミ

デジタル大辞泉の解説

そこ‐さしあみ【底刺(し)網】

刺しの一。長方形の網を海底に固定して張り、底魚やエビ・カニなどを網目に刺させて捕る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

底刺網
そこさしあみ

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の底刺(し)網の言及

【網漁業】より


[刺網]
 刺網類は水中に張り立てて置き,魚類が網目に引っ掛かって逃げられないようにするしかけの漁網である。水の表層に張り立てて置くものを浮刺網,中層に張り立てて置くものを中刺網,水底に張り立てて置くものを底刺網といった。中刺網や底刺網は網の固定度が高く,江戸時代初頭から普及していた。…

【刺網漁業】より

…一般に,対象種の移動進路を遮るように,あば(浮子)といわ(沈子)を調節して垂直に張る。浮魚,イカなどを対象とした浮刺網,底魚,エビ,カニなどを対象とした底刺網がある。また,錨などで固定して使う場合と,固定せずに使う流し網とがある。…

【敷網漁業】より

…水中に敷設しておいた網の上に,対象生物が自然に集まるのを待ち,あるいは餌,光などで集め,すばやく網をあげて漁獲する漁業。もともとすくい網から発達した漁業で,原理は単純だが網が大きくなるに従って,水中に網を敷設しておくときの網の支え方,漁獲時の網のあげ方が大規模になってゆく。網全体を水中に沈めておく底敷網と網の一部はあば(浮子)などで水面に保たれ,残りの部分を水面下に沈めておく浮敷網とがある。網の形も円形,箕(み)状,方形などさまざまだが,大規模なものは方形あるいは台形が普通である。…

※「底刺(し)網」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

底刺(し)網の関連キーワード蟹工船(母船式カニ漁業の母船)大島(福岡県の旧村名)オオグソクムシアブラツノザメアカシタビラメヨコスジカジカツマグロカジカサメトクビレリングコッドアサバガレイオニヤドカリヤナギノマイホシガレイヌマガレイメルルーサタラバガニズワイガニババガレイイシガレイキアンコウ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android