コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヨッパ ヨッパJoppa

1件 の用語解説(ヨッパの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヨッパ
Joppa

アラビア語名ヤッファ地中海に面した古代パレスチナの都市,海港。現イスラエルのテルアビブヤファの一部。青銅器時代カナン人の都市として栄え,前 20世紀にはフェニキア人の植民市とされ,前 18世紀のヒクソス時代以後城壁で囲まれた。前 15世紀エジプトのトゥトモス3世に征服され,この地方の中心都市となった。イスラエル時代に入ると,ダビデ,ソロモンが占領,レバノンの木材をここから陸揚げした。前 701年にはアッシリアに,前 400年頃にはアケメネス朝ペルシアに征服され,ヘレニズム時代にはセレウコス朝とプトレマイオス朝の争いに巻込まれたが,前 148年ユダヤのハスモン (マカベア) 家の手中に帰した。前 68年にはローマの支配に入った。 12世紀には十字軍の拠点の一つとなり,14世紀にスルタンによって一時港を封鎖されたが,17世紀には再び海港として繁栄。 1950年イスラエルのもとにテルアビブと統合された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヨッパの関連情報