ヨーゼフ カイルベルト(英語表記)Joseph Keilberth

20世紀西洋人名事典の解説

ヨーゼフ カイルベルト
Joseph Keilberth


1908.4.19 - 1968.7.20
ドイツの指揮者
カールスルーエ生まれ。
父はチェロ奏者で、1935年故郷の市立劇場の音楽総監督となる。以後、ドイツ・フィルハーモニー、その後身のバンベルク交響楽団、ドレスデン国立劇場、ハンブルク・ハーモニー管弦楽団の指揮者を経て、’51年バイエルン国立劇場の指揮者となる。またバイロイトエディンバラザルツブルク音楽祭などにも出演し、’59年バイエルン国立劇場音楽総監督。重厚で堅実な指揮ぶりで知られ、NHK交響楽団にたびたび客演、後に名誉指揮者に任じられた。’68年ミュンヘンで指揮中に倒れ、心臓麻痺のため死去。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ヨーゼフ カイルベルト

生年月日:1908年4月19日
ドイツの指揮者
1968年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android