コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

NHK交響楽団 エヌエイチケーこうきょうがくだん

5件 の用語解説(NHK交響楽団の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

NHK交響楽団
エヌエイチケーこうきょうがくだん

日本で最も歴史の古い管弦楽団。 1926年新交響楽団として発足。初代指揮者近衛秀麿。 42年に日本放送協会の出資による財団法人日本交響楽団となり,51年から現在の名称になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

NHK交響楽団【エヌエッチケーこうきょうがくだん】

日本を代表する交響楽団の一つ。略称N響。1926年日本放送協会の援助のもとに新交響楽団として発足し,1942年日本交響楽団と改称,1951年現称となる。近衛秀麿ローゼンストックなど内外の指揮者が常任を務め,第2次大戦後はマタチッチサバリッシュを名誉指揮者に迎えてさらに水準を高めた。
→関連項目アルヘリチ岩城宏之カラヤン斎藤秀雄山田耕筰

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

NHK交響楽団

日本のオーケストラ。略称は「N響」。1926年に結成された日本初のプロ・オーケストラ、新交響楽団を前身とし、1942年に日本交響楽団と改称され、1951年より現名称になった。NHKホールサントリーホールを拠点とする。ヨゼフ・ローゼンストック、ヴィルヘルム・シュヒター岩城宏之外山雄三、シャルル・デュトワ、ウラディーミル・アシュケナージらが指揮者を歴任。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

エヌエッチケーこうきょうがくだん【NHK交響楽団】

N響と略称される。日本を代表する交響楽団で,1926年東京で日本放送協会の援助のもとに新交響楽団(新響と略称)として発足。初代指揮者は近衛秀麿で,翌27年定期演奏会を開始。36年ローゼンストックを常任指揮者に迎えるに及び飛躍的にその質を向上。42年日本放送協会と新交響楽団を設立者として日本交響楽団(日響と略称)が設立され,同年山田和男尾高尚忠が専任指揮者に就任。51年現在の名称に改称。51‐54年K.ウェスが常任指揮者をつとめ,ついでN.エッシュバッハー,W.ロイブナー,W.シュヒターらが指揮をとり,69年からは岩城宏之があたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

NHK交響楽団
えぬえいちけーこうきょうがくだん

日本を代表するオーケストラ。略称「N響(エヌきょう)」。1926年(大正15)10月5日、新交響楽団(新響)の名で結成、翌27年(昭和2)2月から定期演奏会を開始。当時はおもに近衛秀麿(このえひでまろ)とヨーゼフ・ケーニヒJosef Baltasar Konig(1875―1932)が指揮した。42年日本交響楽団と改称。また、JOAKシンフォニー・オーケストラの名称でラジオ放送にしばしば出演する一方、ワインガルトナー、ローゼンストックらの指揮者を迎えて演奏会を行った。
 第二次世界大戦後NHK(日本放送協会)との関係を深め、1951年(昭和26)8月、NHK交響楽団と改称、財団法人ながら実質的にはNHKが運営上の責任を負う形になった。第二次世界大戦後はウィルヘルム・シュヒター、外山雄三(とやまゆうぞう)(1931― )、岩城宏之(いわきひろゆき)らが常任指揮者ないしそれに準ずる位置を占めた。60年代以降しばらくは常任指揮者を置かず、カイルベルト、マタチッチ、ローゼンストック、サバリッシュ、シュタイン、スイトナー、ブロムシュテットらの名誉指揮者を迎えての定期演奏会を行ってきたが、創立70周年にあたる1996年(平成8)シャルル・デュトワが常任指揮者(98年からはN響史上初の音楽監督)に就任。デュトワの後任として2004年9月からはウラディーミル・アシュケナージが第2代音楽監督に就任。1927年(昭和2)の第1回から中断なく続けられている定期演奏会は、2002年にはNHKホール、サントリー・ホールを拠点に、年間27プログラム、54回の公演が行われているほか、地方都市への引越し公演、特別演奏会、海外公演など年間約140回のコンサートが行われている。[美山良夫]
『NHK交響楽団編『NHK交響楽団五十年史』(1977・日本放送出版協会) ▽NHK交響楽団編・刊『N響の歩み』(1987) ▽原田三朗著『オーケストラの人びと』(1989・筑摩書房) ▽長谷恭男著『斜めから見たマエストロたち』(1990・同成社) ▽岩城宏之著『チンドン屋の大将になりたかった男――N響事務長・有馬大五郎』(2000・日本放送出版協会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のNHK交響楽団の言及

【管弦楽】より

…山田耕筰は〈日本交響楽協会〉を結成し,1926年に定期演奏会を開始した。同年この協会から離れた近衛秀麿は〈新交響楽団〉(現,NHK交響楽団)を組織,日本のオーケストラ隆盛の基礎を作った。【船山 隆】。…

※「NHK交響楽団」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

NHK交響楽団の関連キーワード交響楽交響楽団N響九州交響楽団ナショナル交響楽団バーゼル交響楽団バーゼル放送交響楽団広島交響楽団モントリオール交響楽団ワシントン・ナショナル交響楽団

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

NHK交響楽団の関連情報