ヨーロッパヤマコウモリ(読み)よーろっぱやまこうもり(英語表記)European giant noctule bat

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヨーロッパヤマコウモリ
よーろっぱやまこうもり
European giant noctule bat
[学]Nyctalus lasiopterus

哺乳(ほにゅう)綱翼手目ヒナコウモリ科の動物。虫食性の種で、フランス、イタリア、スイス、ドイツ、ブルガリア、ヨーロッパロシアに分布する。ヤマコウモリ属では最大で、ヨーロッパの翼手類でも最大種である。形態や習性は日本産のヤマコウモリN. aviatorに類似するが、前腕長65ミリメートル前後、頭胴長100ミリメートル前後とやや大きく、体色が薄いなどの違いがある。[吉行瑞子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android