コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライグラス Lolium perenne; rye grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライグラス
Lolium perenne; rye grass

イネ科の多年草。ヨーロッパ原産の牧草で,世界の温帯,暖帯に広く分布している。和名をホソムギといい,明治年間に渡来し各地に野生化している。茎は細く叢生し高さ 30~60cmになる。夏に,長さ 10~25cmの花穂を伸ばし,向い合って2列に多数の小穂をつける。小穂は柄がなく長楕円形で長さ7~15mm,淡緑色扁平で6~10個の小花から成る。外花穎には芒 (のぎ) はないか,あってもごく短い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のライグラスの言及

【イタリアンライグラス】より

…ネズミムギともいう。ドクムギ属Loliumを一般にライグラスryegrassと呼び,この種はイタリアで栽培が始まったところからこの名がついた。原産地は地中海沿岸で,現在では世界中の温帯で栽培がみられ,また野生化もしている。…

【芝生】より

…レッドフェスク,チューイングフェスクなどがあるが,日本では芝生用よりものり面緑化用によく使われる。(6)ライグラス類 常緑型西洋芝。ペレニアルライグラス,イタリアンライグラスなどがあり,種子の発芽,その後の生長がよいので,芝生の早期造成用に使われ,またのり面緑化用にも使われる。…

※「ライグラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ライグラスの関連キーワード雪腐大粒菌核病(オーチャードグラス)炭疽病(ソルガム・スーダングラス)冠さび病(リードカナリーグラス)夏斑点病(オーチャードグラス)雪腐大粒菌核病(ライグラス)炭疽病(オーチャードグラス)冠さび病(ベルベットグラス)雪腐大粒菌核病(チモシー)炭疽病(ベルベットグラス)レッドリーフ病(エンバク)ピシウム病(ライグラス)かさ枯病(ブロムグラス)うどんこ病(ライグラス)冠さび病(レッドトップ)斑点病(ブロムグラス)炭疽病(トウモロコシ)炭疽病(レッドトップ)冠さび病(ライグラス)いもち病(ライグラス)イタリアンライグラス

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ライグラスの関連情報