ライグラス(英語表記)Lolium perenne; rye grass

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライグラス
Lolium perenne; rye grass

イネ科の多年草。ヨーロッパ原産の牧草で,世界の温帯暖帯に広く分布している。和名ホソムギといい,明治年間に渡来し各地に野生化している。は細く叢生し高さ 30~60cmになる。夏に,長さ 10~25cmの花穂を伸ばし,向い合って2列に多数の小穂をつける。小穂は柄がなく長楕円形で長さ7~15mm,淡緑色扁平で6~10個の小花から成る。外花穎には (のぎ) はないか,あってもごく短い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のライグラスの言及

【イタリアンライグラス】より

…ネズミムギともいう。ドクムギ属Loliumを一般にライグラスryegrassと呼び,この種はイタリアで栽培が始まったところからこの名がついた。原産地は地中海沿岸で,現在では世界中の温帯で栽培がみられ,また野生化もしている。…

【芝生】より

…レッドフェスク,チューイングフェスクなどがあるが,日本では芝生用よりものり面緑化用によく使われる。(6)ライグラス類 常緑型西洋芝。ペレニアルライグラス,イタリアンライグラスなどがあり,種子の発芽,その後の生長がよいので,芝生の早期造成用に使われ,またのり面緑化用にも使われる。…

※「ライグラス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android