暖帯(読み)だんたい

精選版 日本国語大辞典の解説

だん‐たい【暖帯】

〘名〙
① 地球上の、赤道から南北の回帰線までの地帯。今日の「熱帯」をいう江戸から明治初期にかけての語。
※漂荒紀事(1848‐50頃)序「即赤道直下の国なり。直下より南北各二十七度半の間を暖帯と云」
② 地球上の温帯のうち、亜熱帯に近い地帯。暖温帯。
[補注]①は長久保赤水、橋本宗吉の地図に使用されたため比較的普及し、明治になっても福沢諭吉の「世界国尽」や久米邦武の「米欧回覧実記」などで使われた。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

だんたい【暖帯 warm zone】

気候帯の一つで,暖温帯warm temperate zoneともいう。亜熱帯と中間温帯の間に位置し,年平均気温は13~20℃である。温量指数140~180の範囲をいう。日本では照葉樹林帯に相当し,本州南半,四国,九州,沖縄などがこれに入る。タブノキ,スダジイ,イスノキ,クスノキ,カシ類などから成る森林帯である。【山下 脩二】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の暖帯の言及

【温帯】より

…ケッペンは最寒月平均気温が18℃以下で,-3℃以上,最暖月平均気温が10℃以上の地域と定義した。林学や植物生態学では,低緯度地方より亜熱帯,暖帯,温帯,亜寒帯と分類し,人によって亜寒帯を温帯に含め温帯北部という。また,上記の暖帯と温帯をまとめて温帯(広義)とし,さらに暖温帯,温帯(狭義),冷温帯と細分することもある。…

※「暖帯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android