コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライコムギ

百科事典マイペディアの解説

ライコムギ

コムギとライムギ属間雑種を染色体倍化した複二倍体の比較的新しい植物。コムギとライムギの交雑で得られたものを1次ライコムギと呼ぶが,現在実用化されているのは2次ライコムギであり,1次ライコムギ間あるいは1次ライコムギと普通系コムギの交雑で得られる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内のライコムギの言及

【交配】より

…タバコの栽培種と野生種,ハクサイとキャベツ,ヨーロッパウシとインドウシ,イノシシとブタなどたくさんの交配成功例がある。属間でも,パンコムギはコムギ属とエギロプス属の自然交配によって生じたといわれ,最近では,コムギとライムギの人工交配によるライコムギが作られた。ライコムギは人類最初の人工属間交配穀物種として有名である。…

※「ライコムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android