コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライコムギ

百科事典マイペディアの解説

ライコムギ

コムギとライムギ属間雑種を染色体倍化した複二倍体の比較的新しい植物。コムギとライムギの交雑で得られたものを1次ライコムギと呼ぶが,現在実用化されているのは2次ライコムギであり,1次ライコムギ間あるいは1次ライコムギと普通系コムギの交雑で得られる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のライコムギの言及

【交配】より

…タバコの栽培種と野生種,ハクサイとキャベツ,ヨーロッパウシとインドウシ,イノシシとブタなどたくさんの交配成功例がある。属間でも,パンコムギはコムギ属とエギロプス属の自然交配によって生じたといわれ,最近では,コムギとライムギの人工交配によるライコムギが作られた。ライコムギは人類最初の人工属間交配穀物種として有名である。…

※「ライコムギ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android