コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライチャウ省 ライチャウLai Chau

1件 の用語解説(ライチャウ省の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライチャウ〔省〕
ライチャウ
Lai Chau

ベトナム北西端の省。省都ライチャウ。中国,ラオスと国境を接する山岳省で,タイ族を中心にメオ族,ザオ族などの少数民族が住む。フランス植民地時代,この地方の山地斜面や山頂付近でメオ族がケシ栽培を行っていたが,現在は禁止され,豆類の栽培が奨励されている。ライチャウと抗仏戦史上有名なディエンビエンフーのほかに町らしいところはない。交通網も未整備。面積1万 7140km2。人口 46万 7600 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ライチャウ省の関連情報