コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプツィヒのオペラハウス ライプツィヒのオペラハウス

1件 の用語解説(ライプツィヒのオペラハウスの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ライプツィヒのオペラハウス【ライプツィヒのオペラハウス】

ドイツ東部のザクセン州北西部の都市ライプツィヒ(Leipzig)にあるオペラハウス(歌劇場)。この歌劇場が設立されたのは1693年で、ヨーロッパでも最も歴史の古い歌劇場である。この歴史あるオペラハウスは第二次世界大戦の空爆被害で失われてしまったが、戦後の1956年に再建が始まり、1960年に新歌劇場が完成し、ヨアヒム・ヘルツの指揮のもと、ワーグナーの「ニュルンベルクマイスタージンガー」でこけら落としが行われた。ライプツィヒは中世以来、ドレスデンとともに宗教音楽の中心となってきたところで、バッハの故郷としても知られた町である。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone