コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ライプツィヒのオペラハウス ライプツィヒのオペラハウス

1件 の用語解説(ライプツィヒのオペラハウスの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ライプツィヒのオペラハウス【ライプツィヒのオペラハウス】

ドイツ東部のザクセン州北西部の都市ライプツィヒ(Leipzig)にあるオペラハウス(歌劇場)。この歌劇場が設立されたのは1693年で、ヨーロッパでも最も歴史の古い歌劇場である。この歴史あるオペラハウスは第二次世界大戦の空爆被害で失われてしまったが、戦後の1956年に再建が始まり、1960年に新歌劇場が完成し、ヨアヒム・ヘルツの指揮のもと、ワーグナーの「ニュルンベルクマイスタージンガー」でこけら落としが行われた。ライプツィヒは中世以来、ドレスデンとともに宗教音楽の中心となってきたところで、バッハの故郷としても知られた町である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ライプツィヒのオペラハウスの関連キーワードケムニッツザクセンツィッタウバウツェンアルブレヒト城ザイフェンザクセンアンハルト聖トーマス教会ドレスデン城ニーダーザクセン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone