コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラインセンサー line sensor

デジタル大辞泉の解説

ライン‐センサー(line sensor)

光の明暗を電気信号に変換する素子が、一列または複数列に配置されたイメージセンサー。一次元的な画像しか得られないため、センサーまたは被写体が動くことによって二次元的な画像を得る。コピー機やイメージスキャナーの光学的読み取り装置などに用いられる。→エリアセンサー
AFカメラで被写体までの距離を検出し、ピントを合わせるためのセンサーの一。線状のセンサーで、被写体の明暗差などをとらえて合焦するレンズの位置を算出する。明暗差が線状のセンサーを横切る場合にピントを合わせることができ、平行している場合はピント合わせが困難になる。→クロスセンサー

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カメラマン写真用語辞典の解説

ラインセンサー

 1列あるいは複数列に並んだセンサーで、フィルムカメラでは AF の測距素子に使われている。

出典|カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について | 情報

ラインセンサーの関連キーワード電荷結合素子位相差検出法3板式

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラインセンサーの関連情報