ライン・テイ・カウン・ティン(英語表記)Hlaing Hteik Hkaung Tin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ライン・テイ・カウン・ティン
Hlaing Hteik Hkaung Tin

[生]1833. マンダレーインワ
[没]1875. マンダレー
ビルマ (現ミャンマー) ,コンバウン時代の文人。ミンドン王の弟カナウン皇太子の妃。幼名マ・プワー。コンバウン時代初期の民衆歌謡に起源をもつボーレーという形式の韻文作品があり,そのロマンチシズムは高く評価される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android