コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラクラン川 ラクランがわLachlan River

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラクラン川
ラクランがわ
Lachlan River

オーストラリア,ニューサウスウェールズ州中央部の川。グレートディバイディング山脈に発し,カウラフォーブズを経てヘイの西方でマランビジー川に合流する。長さ約 1500km。リベリナ地方の北部にあたり,貯水池および灌漑牧草地がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラクラン川
らくらんがわ
Lachlan

オーストラリア南東部、ニュー・サウス・ウェールズ州の川。シドニー西方の山地に発し、西流してマランビジー川に合流する。長さ1484キロメートル。灌漑(かんがい)が発達し、飼料作物や穀物が栽培される。1815年に発見され、1817年イギリス人探検家オクスリーJ. Oxley(1785―1828)が調査した。[谷内 達]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラクラン川の関連キーワードマランビジー[川]マリー川谷内

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android