ラコーン・バサック(英語表記)Lakhon Bassac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラコーン・バサック」の解説

ラコーン・バサック
Lakhon Bassac

カンボジアの民衆歌劇。 1930年代のプノンペンで,ベトナム南部,バサック川流域出身の農民たちが創作した。王や姫役はカンボジアの服装を身につけ,敵役はベトナムの服を着る。道化は目と鼻のあたりを白くした化粧をする。伝統的な合奏音楽に合せてラコーン・クバック・ボランの歌をうたう。近年はスコートム (樽型両面太鼓) ,トゥロ・ウー (弓奏弦楽器) ,クゥム (弦琴) を伴奏楽器として用いる。上演される作品は民間に伝わる説話や『ジャータカ』が多い。プノンペン市内には常設劇場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android