コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラコーン・バサック Lakhon Bassac

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラコーン・バサック
Lakhon Bassac

カンボジアの民衆歌劇。 1930年代のプノンペンで,ベトナム南部,バサック川流域出身の農民たちが創作した。王や姫役はカンボジアの服装を身につけ,敵役はベトナムの服を着る。道化は目と鼻のあたりを白くした化粧をする。伝統的な合奏音楽に合せてラコーン・クバック・ボランの歌をうたう。近年はスコー・トム (樽型両面太鼓) ,トゥロ・ウー (弓奏弦楽器) ,クゥム (弦琴) を伴奏楽器として用いる。上演される作品は民間に伝わる説話や『ジャータカ』が多い。プノンペン市内には常設劇場がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラコーン・バサックの関連キーワード斎藤寅次郎清水宏五所平之助マキノ雅広小津安二郎エバハートキューカー島津保次郎スタンバーグ成瀬巳喜男

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android