コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラザフォード散乱分光学 Rutherford scattering spectroscopy

1件 の用語解説(ラザフォード散乱分光学の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

ラザフォード散乱分光学【Rutherford scattering spectroscopy】

原子核のクーロン場荷電粒子との相互作用による散乱で,粒子間には逆二乗の力が作用するから,散乱角を θ としたとき,

となる.ここで vc(光速度),M は質量,v は散乱される粒子の速度,Zeze は核および荷電粒子の電荷,b は衝突半径である.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラザフォード散乱分光学の関連キーワードクーロン散乱強い相互作用電磁相互作用ハドロンラザフォード散乱量子電磁力学荷電粒子栄養素間相互作用ファンデルワールス‐ロンドンの相互作用フェルミ関数

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone