コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラザフォード散乱分光学 Rutherford scattering spectroscopy

法則の辞典の解説

ラザフォード散乱分光学【Rutherford scattering spectroscopy】

原子核のクーロン場荷電粒子との相互作用による散乱で,粒子間には逆二乗の力が作用するから,散乱角を θ としたとき,

となる.ここで vc(光速度),M は質量,v は散乱される粒子の速度,Zeze は核および荷電粒子の電荷,b は衝突半径である.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

ラザフォード散乱分光学の関連キーワード原子核光速度

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android