コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシュカ ラシュカRaška

1件 の用語解説(ラシュカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシュカ
Raška

セルビア南西部にあるイバル川,リム川に囲まれた山岳地域の歴史的名称。ゼータと並んでセルビア人の国家組織揺籃の地。9世紀中頃から政治的統一の動きが現れ,9世紀末ムティミル (843~891) が立ってブルガリアボリス1世ミハイルの軍を破り,キリスト教を採用。しかしその後ブルガリアに占領され,10世紀に一時チャスラフ (在位 929~950) が現れて独立を回復したが,再び弱体化。ようやく 12世紀にステファン・ネマーニヤが立って大ジュパーンを称し,ネマーニヤ朝のもとで中世セルビア王国発展の基礎を築いた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のラシュカの言及

【セルビア】より


【歴史】

[中世セルビア王国の建国]
 7世紀初頭にバルカン西部に南下・定住した南スラブ系のセルビア人は,当初,族長(ジュパンžupan)に率いられた諸部族に分かれ対立・抗争を続けていた。その領域はラシュカRaška(現在のセルビア南西部),ゼータZeta(モンテネグロ),フムHum(ヘルツェゴビナ)に及んだ。8世紀から12世紀にかけて,セルビア人の南部地域は隣接するブルガリア王国やビザンティン帝国の強い影響を受け,その支配下に入った。…

※「ラシュカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラシュカの関連情報