コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシュカ ラシュカ Raška

1件 の用語解説(ラシュカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシュカ
ラシュカ
Raška

セルビア南西部にあるイバル川,リム川に囲まれた山岳地域の歴史的名称。ゼータと並んでセルビア人の国家組織揺籃の地。9世紀中頃から政治的統一の動きが現れ,9世紀末ムティミル (843~891) が立ってブルガリアボリス1世ミハイルの軍を破り,キリスト教を採用。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラシュカの言及

【セルビア】より


【歴史】

[中世セルビア王国の建国]
 7世紀初頭にバルカン西部に南下・定住した南スラブ系のセルビア人は,当初,族長(ジュパンžupan)に率いられた諸部族に分かれ対立・抗争を続けていた。その領域はラシュカRaška(現在のセルビア南西部),ゼータZeta(モンテネグロ),フムHum(ヘルツェゴビナ)に及んだ。8世紀から12世紀にかけて,セルビア人の南部地域は隣接するブルガリア王国やビザンティン帝国の強い影響を受け,その支配下に入った。…

※「ラシュカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラシュカの関連キーワードコロンビア川セルビアセルビアモンテネグロタリム川セルビア正教大聖堂セスリムソススフレイカイバル[峠]コソボ[州]ドリナ[川]

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラシュカの関連情報