コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシュヌ Rashnu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラシュヌ
Rashnu

ペルシア神話における真実と正義の神。人間の霊魂は死後,計量を司る太陽神ミトラとラシュヌの前に引出されて,生前の善業,悪業が秤にかけられて裁かれる。裁く際のラシュヌの秤は厳正で,悪業が多いと判定されると地獄に落されるという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android