悪業(読み)あくごう

精選版 日本国語大辞典「悪業」の解説

あく‐ごう ‥ゴフ【悪業】

〘名〙 仏語苦果を招く原因となる、身、口(く)、意による悪い行為。また、前世悪事。⇔善業
※狭衣物語(1069‐77頃か)三「憂し、つらしと思ひ入り給ひけん人の御あくごうの、離れ給ひぬべきしるべと、なりなんかし」 〔大智度論‐六〕

あく‐ぎょう ‥ゲフ【悪業】

〘名〙 悪いしわざ、仕事。よくない職業。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉外「放僻邪侈の風を除き悪業に陥入る者少し」 〔史記‐貨殖伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「悪業」の解説

あく‐ごう〔‐ゴフ〕【悪業】

仏語。悪い行為。転じて、前世で悪事をしたことによる悪い報い。⇔善業

あく‐ぎょう〔‐ゲフ〕【悪業】

悪いしわざ。よくない職業。→あくごう(悪業)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android