善業(読み)ぜんごう

精選版 日本国語大辞典「善業」の解説

ぜん‐ごう ‥ゴフ【善業】

〘名〙 仏語。よい果報を招くもととなる十善などの身口意(しんくい)の行為。ぜんぎょう。⇔悪業
※大般若波羅蜜多経巻二六七跋‐神亀五年(728)九月二三日「読誦者蠲邪去悪、披閲者納福臻栄、以此善資」
※徒然草(1331頃)一五七「仏前にありて数珠(ずず)を取り、経を取らば、怠るうちにも、善業おのづから修せられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の善業の言及

【善】より

…【島田 虔次】
[インド]
 日本で用いられる〈善〉という言葉は,しばしば仏教語としての善である。これは,サンスクリットの〈プニヤpuṇya〉とか〈スクリタsukṛta〉などの漢訳語であり,いずれも〈善業〉のことを指している。(カルマン)というのは,直接には外的な行為のことであるが,同時に,その行為が残す,実体ともいうべき潜在的な力のことも意味する。…

※「善業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android