コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善業 ゼンゴウ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ごう〔‐ゴフ〕【善業】

仏語。よい果報を得る因となるべき行為。五戒・十善などの行い。⇔悪業(あくごう)

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぜんごう【善業】

〘仏〙 よい報いを生むもとになるおこない。五戒・十善などの仏教上のおこない。 ↔ 悪業

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の善業の言及

【善】より

…【島田 虔次】
[インド]
 日本で用いられる〈善〉という言葉は,しばしば仏教語としての善である。これは,サンスクリットの〈プニヤpuṇya〉とか〈スクリタsukṛta〉などの漢訳語であり,いずれも〈善業〉のことを指している。(カルマン)というのは,直接には外的な行為のことであるが,同時に,その行為が残す,実体ともいうべき潜在的な力のことも意味する。…

※「善業」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

善業の関連キーワードアジタ・ケーサカンバリンプーラナ・カッサパオウム真理教事件クレルモン公会議最後の審判知識・智識修徳神学律法主義定散二善ラシュヌ免罪符順後業順現業聴罪師道徳劇ダルマアジタ往生伝仏語十悪