コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスペ Raspe, Rudolf Erich

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスペ
Raspe, Rudolf Erich

[生]1737. ハノーバー
[没]1794. マクロス
ドイツの著述家。ゲッティンゲンおよびライプチヒで学び,1767年カッセル大学教授となるが,75年横領事件が発覚してイギリスに逃亡。ミュンヒハウゼンのほら話を整理,英訳し『ミュンヒハウゼン男爵の物語』 Baron Münchhausen's Narrative of his Marvellous Travels and Campaigns in Russia (1785) を出版した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラスペの関連キーワードプロビンスタウン・プレーヤーズディアス・デル・カスティリョホーエンシュタウフェン朝ミュンヒハウゼン物語サンティリアナ(侯)バリェ=インクランディーステルベーク液晶ペンタブレットペンタブレットコンラート4世ガラスフリットスタイラスペンゲッティンゲンパターンロックディジタイザー液晶タブレットラスペツィアiPadプロトルケマーダサルツァーナ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android