コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村藍水 たむららんすい

6件 の用語解説(田村藍水の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田村藍水
たむららんすい

[生]享保3(1718).江戸
[没]安永5(1776).3.23. 江戸
江戸時代中期の本草学者。本姓は坂上,字は元台,名は登。通称元雄。宝暦7 (1757) 年湯島に物産会を開設,同 14年幕府の医員となり,禄 300石を給せられ,薬園で朝鮮人参の栽培などを行い,採薬に三十余州を経渉した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村藍水 たむら-らんすい

1718-1776 江戸時代中期の本草家。
享保(きょうほう)3年生まれ。阿部将翁にまなぶ。宝暦7年江戸湯島でわが国最初の物産会をひらく。13年幕府の医師となり,チョウセンニンジンの国内栽培に従事した。門弟に平賀源内ら。安永5年3月23日死去。59歳。江戸出身。本姓は坂上。名は登。通称は元雄。編著に「朝鮮人参耕作記」,著作に「琉球産物志」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田村藍水

没年:安永5.3.23(1776.5.10)
生年:享保3(1718)
江戸中期の本草学者。本姓は坂上,名は登,通称は元雄,藍水は号。江戸生まれの町医だったが,薬用人参の研究で注目され,幕府医官に登用されて日光の朝鮮人参栽培地の管理に当たった。後半生は博物学的色彩を強め,平賀源内の提唱で宝暦7(1757)年に湯島で開いた薬品会は江戸で初めての物産会であったし,『琉球産物志』(1770)は日本初の地方植物誌として知られる。田村西湖は長男,栗本丹洲は次男,門人に曾占春,後藤光生,平賀源内がおり,江戸での本草学・博物学の隆盛は藍水に始まるといってよい。広く各地に採薬し,薬草栽培や知識の普及を重視するなど,藍水の行動的な学風も江戸派に引き継がれた。<著作>『人参耕作記』『中山伝信録物産考』<参考文献>上野益三「田村藍水」(『博物学者列伝』)

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たむららんすい【田村藍水】

1718‐76(享保3‐安永5)
幕府の医官。本草家。本姓坂上(さかのうえ)。名は登,字は元台,通称元雄。藍水は号である。江戸の生れ。15歳で医学を学び,本草を阿部将翁(?‐1753)に学ぶ。早くからチョウセンニンジンに関心をもち,1737年(元文2)幕府から種子を下付され,栽培を試みる。63年(宝暦13)幕府の医官に任ぜられ,国産ニンジンの栽培,製薬に当たる。また諸国を巡歴し,物産調査を行った。57年弟子の平賀源内の提唱により,江戸湯島で薬品会(やくひんえ)を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たむららんすい【田村藍水】

1718~1776) 江戸中期の医師・本草学者。江戸の人。名は登、字あざなは玄台(元台)、通称元雄。朝鮮人参栽培法の確立に尽力。1757年、弟子の平賀源内の提唱で江戸湯島に初の物産会を開く。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田村藍水
たむららんすい
(1718―1776)

江戸中期の本草(ほんぞう)学者。江戸神田の生まれ。通称元雄、名は登、藍水は号。阿部将翁(あべしょうおう)に本草を学び、諸国を採薬して、その栽培に従事した。幕命でチョウセンニンジンの国産化を図り、種子栽培に努め、各地への移植に成功した。20歳でその方法を記述した『人参(にんじん)譜』を著す。30歳のときの著『人参耕作記』では栽培・調製法を記述した。36歳のとき幕府医学館教授となり本草を講じる。1757年(宝暦7)本郷(ほんごう)湯島で第1回物産会を催し、多年諸国から採集した動植鉱物類を陳列公開した。旅の不自由な当時、諸国の物産を一堂に集めた企画は、本草家相互の研究に便宜を与え、一般の好評を博した。門人に平賀源内、大槻玄沢(おおつきげんたく)、森立之(もりたつゆき)らがいる。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田村藍水の関連キーワード松岡玄達本草家石渡宗伯伊藤多羅植村政勝氏家道察木内政章後藤梨春服部範忠松下真山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone