コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスムハンマド国立公園 ラスムハンマドコクリツコウエン

デジタル大辞泉の解説

ラスムハンマド‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ラスムハンマド国立公園】

Ras Muhammad National Park》エジプト東部、シナイ半島最南端の岬を含む国立公園。切り立った断崖、砂浜、マングローブなどが広がり、豊かなサンゴ礁を擁す。ダイビングスポットとしても世界的に有名。1983年、同国で初めて国立公園に指定された。ラスモハメッド国立公園

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラスムハンマド国立公園の関連キーワードラス癌遺伝子細胞内情報伝達機構クライン(William Klein)スーダン(国)バングラデシュブラック・ムスリムRas生体膜マイクロドメインサイイド・ムハンマドの反乱トゥグルク朝

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android