コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラス・ナバス・デ・トロサの戦い ラス・ナバス・デ・トロサのたたかいLas Navas de Tolosa

1件 の用語解説(ラス・ナバス・デ・トロサの戦いの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラス・ナバス・デ・トロサの戦い
ラス・ナバス・デ・トロサのたたかい
Las Navas de Tolosa

1212年7月,イベリア半島南部のラス・ナバス・デ・トロサ,現在のカロリーナ付近の地で,北アフリカイスラム王朝,ムワッヒド朝軍とキリスト教諸王国連合軍との間に起った戦争。この戦いで前者は壊滅的な敗北を喫し,同半島におけるキリスト教徒勢力の優位が決定的になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラス・ナバス・デ・トロサの戦いの関連キーワードトーマス教会御在所山古事談摧邪輪西念寺仏光寺方丈記法然無関普門一枚起請文

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone