コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラドガ[湖] ラドガ

百科事典マイペディアの解説

ラドガ[湖]【ラドガ】

ロシア北方にある湖。カスピ海に次ぎ,ヨーロッパ第2の大湖。面積1万8135km2。平均水深51m,最大水深230m。12月から4月間氷結。約500の小島がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラドガ[湖]【Ladozhskoe ozero】

ロシア連邦北西部の湖。面積はヨーロッパ最大で,1万8400km2(約500を数える島の総面積600km2を含む)。古くはネボNevo湖と呼び,湖から流れ出るネバNeva川にその名を残している。北西端は第四紀氷期の大陸氷河底面沈水した形状のままであり,湖岸線は小フィヨルドあるいは溺れ谷状の出入りが著しい。最深点225mも北西岸沖にある。これに反して南東岸は沖積平野が発達してきわめて浅く,岸に沿ってノボ・ラドガ運河を掘削して船を通ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ラドガ[湖]の関連キーワードネバ[川]