コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ねば ネバ

2件 の用語解説(ねばの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ね‐ば

[連語]
《打消しの助動詞「ぬ」の仮定形+接続助詞「ば」》
打消しの仮定条件を表す。もし…ないなら。「熱が上がらねば風呂に入ってよろしい」
打消しの恒常的条件を表す。…ないと絶対に。…ない場合はきまって。「冬が終わらねば春にならない」→にゃねばならない
《打消しの助動詞「ず」の已然形+接続助詞「ば」》
打消しの順接確定条件を表す。…ないので。
「天の河浅瀬白波たどりつつ渡り果て―明けぞしにける」〈古今・秋上〉
1に同じ。
「筑紫道(つくしぢ)の可太(かだ)の大島しましくも見―恋しき妹(いも)を置きて来(き)ぬ」〈・三六三四〉
打消しの逆接確定条件を表す。…ないのに。
「秋立ちて幾日(いくか)もあら―この寝ぬる朝明(あさけ)の風は手本(たもと)寒しも」〈・一五五五〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ねば

( 連語 )
〔打ち消しの助動詞「ぬ」の仮定形「ね」(古語では打ち消しの助動詞「ず」の已然形「ね」)に接続助詞「ば」の付いたもの〕
打ち消しの仮定条件を表す。もし…ないなら。 「朝までに雨が止ま-、外出は取りやめにしよう」
(「ねばならぬ」の形で)…なければならない、…するのが当然だ、の意を表す。 「せ-ならぬ事は早くすませてしまいなさい」
打ち消しの恒常的条件を表す。…ないと。…ないとかならず。 「山の方に雪が降ら-、夏には水不足になる」 「世にしたがへば身くるし。したがは-、狂せるに似たり/方丈記」
打ち消しの順接確定条件を表す。…ないので。…ないから。 「袖振らば見もかはしつべく近けども渡るすべなし秋にしあら-/万葉集 1525
打ち消しの逆接的条件を表す。…ないのに。…ないでいるうちに。 「年月もいまだあら-心ゆも思はぬ間にうちなびき臥やしぬれ/万葉集 794」 〔 (1) 本来の用法はは近世以降のもの。 (2) 話し言葉でのくだけた言い方では、「にゃあ」「にゃ」ともなる〕 → ねばならぬ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねばの関連キーワードざる辞せずならぬませんませんでした動かぬ打消し得に適わぬ嫌わず

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ねばの関連情報