ラニア王妃

  • Rania
  • ラニアオウヒ

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
ヨルダン王妃

国籍
ヨルダン

生年月日
1970年8月31日

出生地
クウェート

本名
ラニア,アルアブドラ〈Rania Al-Abdullah〉

学歴
アメリカン大学卒

経歴
クウェートでパレスチナ人医師の娘として生まれる。1991年イラクのフセイン大統領によるクウェート侵攻から逃れるため家族でヨルダンに移住。大学卒業後、コンピューター会社に勤めたが、’93年当時王子だったヨルダンのアブドラ国王と出会い、半年後に結婚。’99年夫の即位に伴いヨルダン王妃となる。自ら車のハンドルを握り子供たちの学校や仕事場に出かける行動派の王妃で、貧困地区を訪れて自立支援の作業所作りなどの指揮を執り、国際会議にも乳飲み子の王子を連れて行くなど精力的に活動。保守的なイスラム社会での女性の地位向上に力を注ぐ。4児の母親で、170センチの長身、栗色の髪の毛と美貌の持ち主。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android