コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラニタール Lanital

世界大百科事典 第2版の解説

ラニタール【Lanital】

牛乳タンパク質のカゼインから作ったカゼイン繊維。羊毛に似た人造繊維の製造は1935年にイタリアで成功し,レーヨンメーカーのスニア・ビスコサ社が工業化し,現在も製造されている。Lanitalは羊毛を意味するラテン語のlanaにちなんでつけられた同社の商品名である。カゼインをアルカリ水溶液に溶解し,紡糸口金から硫酸とホルムアルデヒドを含む凝固浴に押し出して紡糸する。【瓜生 敏之】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のラニタールの言及

【アズロン】より

…ダイズ,カゼイン,ラッカセイからタンパク質を抽出し,希アルカリに溶解して紡糸,延伸,硬化処理して作られる。イギリスでフィブロレインFibrolane,イタリアでメリノバMerinova(旧称ラニタールLanital),日本でシノンChinon(いずれも商標)が少量生産されている。シノンは,カゼインとアクリロニトリルを組み合わせて製造した,絹に似た人造繊維である。…

【カゼイン繊維】より

…キューティクル(うろこ状表面)のある羊毛と違って,平滑な表面をもつため洗濯しても収縮しない利点がある。1935年からイタリアでラニタールLanital,次いで39年からアメリカでアララックAralac(現在製造中止)が製造された。ほかに,イギリスでフィブロレインFibrolane,イタリアでメリノバMerinova(いずれも商標)が牛乳を原料として製造されている。…

【アズロン】より

…ダイズ,カゼイン,ラッカセイからタンパク質を抽出し,希アルカリに溶解して紡糸,延伸,硬化処理して作られる。イギリスでフィブロレインFibrolane,イタリアでメリノバMerinova(旧称ラニタールLanital),日本でシノンChinon(いずれも商標)が少量生産されている。シノンは,カゼインとアクリロニトリルを組み合わせて製造した,絹に似た人造繊維である。…

【カゼイン繊維】より

…キューティクル(うろこ状表面)のある羊毛と違って,平滑な表面をもつため洗濯しても収縮しない利点がある。1935年からイタリアでラニタールLanital,次いで39年からアメリカでアララックAralac(現在製造中止)が製造された。ほかに,イギリスでフィブロレインFibrolane,イタリアでメリノバMerinova(いずれも商標)が牛乳を原料として製造されている。…

※「ラニタール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ラニタールの関連キーワードアズロン

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android