コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラヒジュ Lahij

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラヒジュ
Lahij

イエメン南西部,カウル山脈南麓ティバン涸れ川 (ワディ) にのぞむ町。アデン西北西 32km,肥沃な灌漑農耕地に位置する。独立以前はアブダリ・スルタン領の首都で,1735~1839年にはアデンをも支配下においた。壮大なスルタンの宮殿が残る。農畜産物の主要な集散地で,伝統工芸の金属細工を産する。首都サヌアに通じる幹線道路が通り,同時に地方交易の中心地でもある。人口約1万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android