コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アデン Aden

翻訳|Aden

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アデン
Aden

イエメン南東部の港湾都市紅海の入口に近く,アデン湾北岸に,アデン港を囲むように突き出た2つの半島のうちの東側に位置する。現在のアデンは,古い商業地区,新しい商業地区,先住民の港の3つの部分から成る。気候は4月から 10月まで高温多湿,北東のモンスーンの吹く 11月から3月まで気温が下がる。降雨量は少い。古くから貿易の中心として栄え,聖書にもその名称が出る。中世紀にも貿易の中心地であったが,ナポレオンのエジプト遠征以来,イギリスの戦略的関心の的となり,1808年条約でイギリスが確保,給炭基地として栄え,1937年イギリス直轄植民地となった。 53年西側の小アデンに製油所が建設された。 62年部分的に自治を獲得したが,63年南アラビア連邦に編入された。 67年イエメン民主人民共和国 (南イエメン) 独立とともにその一部となり,68年その首都と定められた。 90年南北イエメン統合とともに同国の商業中心地となる。アデンの主要な経済活動は,船舶の給油および物資集散で,ほかに造船,石鹸,たばこ,塩の製造などが行われる。 70年まで自由港であったが,国内開発のため課税されるようになった。国際空港が近くにある。面積 194km2。人口 31万 8000 (1984推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アデン(Aden)

旧南イエメンの首都。アラビア半島南西部、アデン湾に面する港湾都市。古くから経済や通商の要地。→イエメン

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

アデン

イエメン南部,紅海の入口にある港湾都市。古代ギリシア時代から貿易の中心地として知られ,7世紀にアリーが征服してイスラム支配に入り,インド洋交易の要衝として繁栄した。
→関連項目アデン湾イエメン

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アデン【Aden】

アラビア半島南端,アデン湾に面するイエメン共和国港市。1990年の南北イエメン統合まではイエメン人民民主共和国(南イエメン)の首都。アラビア語アダン‘Adan。大都市域人口約40万1000(1993)。市部はアデン半島と対岸のリトル・アデンまでの三日月形の地域である。中心はアデン半島で標高551mの火成岩の岩山(シャムシャーン山)を取り巻くようにして街並みが広がっている。住民は90%がアラブであるが,インド人,パキスタン人,ソマリア人等もいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

アデン【Aden】

イエメン、紅海の入り口近くのインド洋に面する港湾都市。欧亜航路の燃料補給港として発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アデン
あでん
Aden

アラビア半島南部、イエメン共和国南西部の都市。人口40万0783(1993)、51万0400(2002推計)。紅海入口のバベル・マンデブ海峡から東へ160キロメートルのアデン湾北岸に位置する。火山のカルデラが侵食されて生じた港湾は自然の良港である。気候は高温乾燥で、年平均気温29℃、降雨は冬にあり、年20ミリメートルと少ない。夏の南西季節風は高温と80%近い湿度をもたらす。アデンは、町と港のある東側半島と、対岸のリトル・アデンとよばれ大精油所のある西側半島よりなる。アデンの町は3地区に分かれ、クレイター地区は火口内に建設されたアラビア風の旧市街、クワヒ地区は近代的な官庁、ビジネスセンター、そして近くのマアラー地区には埠頭(ふとう)、港湾施設などがある。アデンの経済は、港の物資集散、中継、給油基地と、リトル・アデンの精油所に依存する。製塩、皮革品、コーヒー、香料、穀物、魚類、石油製品などを輸出し、外国から原油、食料品、機械などを輸入する。産業はせっけん、たばこ、皮革品、繊維、アルミニウムなど、小規模のものしかない。かつてアデン港はスエズ―インド間最大の港として栄えたが、スエズ運河閉鎖(1967)で大打撃を受け、その後1975年の再開以降も以前の繁栄を取り戻せず、また生産能力年間800万トンの精油所の操業率も40%近くに落ちた。アラブで唯一のマルクス・レーニン主義の国であった南イエメンの首都であったため、アデン港にはソ連の軍事施設が置かれていた。1990年、北イエメンと統合し、イエメン共和国となり、アデンは首都ではなくなった。[原 隆一]

歴史

古くから南海貿易の中継地として知られ、『エリトラ海案内記』にエウダイモーン・アラビア、プトレマイオスの『地理書』にアラビア・モンポリウムとしてその名がみえる。古くから交易と戦略上の要地として、諸勢力によりその帰属が争われた。575年にササン朝の領有に帰し、628年にはイスラム支配下に入った。十字軍戦争のときはサラディンが遠征軍を送り、確保した。1513年にポルトガルのアルブケルケにより攻略されたが、1538年にオスマン・トルコのスレイマン大帝が奪回し、約100年間トルコの支配を受けた。1839年にイギリス東インド会社が武力によって奪取して以後、1869年スエズ運河開通により中継地、軍港としての比重が増し、イギリスは周辺の土侯国を漸次保護下に入れた。第一次世界大戦後インド総督の管轄下に入り、1937年に直轄植民地となり、アデン総督の統治下に置かれた。第二次世界大戦後は、1963年南アラビア連邦に加わり、その首都となり、1967年に独立したイエメン民主人民共和国(南イエメン)に所属した。1990年南・北イエメン統一で、首都はサヌアとなった。統一後も南北対立で内戦が発生、1994年4月、南イエメンが独立を宣言、その首都となった。しかし、同年7月北側の攻撃を受けアデンは陥落、北側の勝利で内戦は終結した。[佐藤圭四郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アデンの関連キーワードヤフヤー・ハミード・アッディーンアリ・ムハンマド ムジャワルバーブ・アルマンデブ海峡マディーナトアッシャウブバーブ・アルマンダブ海峡バーブエルマンデブ海峡クリア・ムリア[島]アファール・イッサバベルマンデブ海峡カールスバーグ海嶺シャイフウスマーンインド洋中央海嶺アデン保護領アファル低地ハドラマウトジブチ[市]アルブケルケイエメン内戦シュクラータジューラ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アデンの関連情報