伝統工芸(読み)でんとうこうげい

世界大百科事典 第2版の解説

伝統的な技法によって芸術的な工作品を製作すること。熟練した労働者(職人)が簡単な道具機械を使用して製作する小規模なものがほとんどである。清水焼九谷焼等の陶器友禅染等の繊維製品が代表的な例である。伝統工芸のなかには後継者の不足工場大量生産される類似品との競争等から衰退してしまうものがある。日本では伝統的技法に基づく地場産業育成と振興を目的として,1974年に〈伝統的工芸品産業振興法〉が施行された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伝統工芸の関連情報