ラフィアジ(英語表記)Lafiagi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフィアジ
Lafiagi

ナイジェリア中西部の町。イロリン東北東約 100km,ニジェール川沿岸に位置。古来ヌペ族の地であったが,1810年フラニ族が要塞を建設,そこを拠点として一帯を支配下においた。綿花,タバコをはじめ,米,ギニアコーン,ミレット,コーラナッツ,魚,家畜などの集散地で,伝統的な綿織物業がある。人口6万 3630 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android