コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフバラ ラフバラLoughborough

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフバラ
Loughborough

イギリスイングランド中部,レスターシャー県北西部,チャーンウッド地区の町。レスターの北北西約 15kmにあり,ラフバラ運河に沿う。ローマ時代以前から集落があり,アングロ・サクソン時代にはかなり大きな町であった。13世紀には勅許を得て市場町となり,羊毛の取り引きで繁栄。その後レース工業が盛んになったが,19世紀初期の工業近代化の過程で続発したラッダイト運動で,新規導入の機械を破壊されてから衰退。農業地帯の商工業中心地で,電機,鐘鋳造,メリヤスエレベータ,薬品などの工業が行なわれる。ラフバラ工科大学を中心に 1966年に総合大学ラフバラ大学が設立され,教育の中心地でもある。人口 5万5258(2001)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラフバラの関連情報