ラフバラ(英語表記)Loughborough

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラフバラ」の解説

ラフバラ
Loughborough

イギリスイングランド中部,レスターシャー県北西部,チャーンウッド地区の町。レスターの北北西約 15kmにあり,ラフバラ運河に沿う。ローマ時代以前から集落があり,アングロ・サクソン時代にはかなり大きな町であった。13世紀には勅許を得て市場町となり,羊毛の取り引きで繁栄。その後レース工業が盛んになったが,19世紀初期の工業近代化の過程で続発したラッダイト運動で,新規導入の機械を破壊されてから衰退。農業地帯の商工業中心地で,電機,鐘鋳造,メリヤスエレベータ薬品などの工業が行なわれる。ラフバラ工科大学を中心に 1966年に総合大学ラフバラ大学が設立され,教育の中心地でもある。人口 5万5258(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

動員令

〘名〙 旧制で、戦時または事変に際し、在郷軍人を召集する命令。※東京朝日新聞‐明治三七年(1904)二月四日「隠密に本国に於ては数個軍団に動員令を布きたる形跡あり」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android