コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブドリス rhabdolith

岩石学辞典の解説

ラブドリス

微小なとげのある石灰質の破片で,ココリス(coccolith)のように石灰藻によって形成されたもの.北大西洋のグロビゲリナ軟泥(Globgerina ooze)には円盤状のココリスが特に多く含まれる.暖かい熱帯地方の海洋や地中海に多量に産出する.ラブドリスとココリスは両方ともに英国のチョーク(chalk)の一般的な構成物である[Hatch, et al. : 1971].ギリシャ語のrhabdosは細長い棒などの意味.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

ラブドリスの関連キーワードグロビゲリナ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android