ラプラスの演算子(英語表記)Laplace operator,Lapracian

法則の辞典「ラプラスの演算子」の解説

ラプラスの演算子【Laplace operator,Lapracian】

あるスカラー関数 ψ に対してdiv grad ψ なる演算を行うことがしばしばあるが,これをまとめた演算子をいう.記号としては ⊿,もしくは ∇2 を用いる.⊿ はラプラシアン,∇2 はnabra squareなのだがこちらも同じくラプラシアン*と呼ぶことがほとんどである.

ラプラス微分方程式シュレーディンガーの波動方程式*拡散方程式などでおなじみである.なお,極座標表示の場合には,ラプラス‐ベルトラミ演算子*というが,記号は同じく ⊿ や ∇2 を用いる.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android