コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプラスの演算子 Laplace operator,Lapracian

法則の辞典の解説

ラプラスの演算子【Laplace operator,Lapracian】

あるスカラー関数 ψ に対してdiv grad ψ なる演算を行うことがしばしばあるが,これをまとめた演算子をいう.記号としては ⊿,もしくは ∇2 を用いる.⊿ はラプラシアン,∇2 はnabra squareなのだがこちらも同じくラプラシアン*と呼ぶことがほとんどである.

ラプラス微分方程式シュレーディンガーの波動方程式*拡散方程式などでおなじみである.なお,極座標表示の場合には,ラプラス‐ベルトラミ演算子*というが,記号は同じく ⊿ や ∇2 を用いる.

出典|朝倉書店法則の辞典について | 情報

ラプラスの演算子の関連キーワード演算子山下永夏ナービーネディムフズーリーラプラシアン

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone