ラヘマー国立公園(読み)ラヘマーコクリツコウエン

デジタル大辞泉「ラヘマー国立公園」の解説

ラヘマー‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ラヘマー国立公園】

Lahemaa rahvuspark》エストニア北部にある国立公園。首都タリンの東約50キロメートルに位置する。旧ソ連時代の1971年に、国立公園として制定された。海岸、森林、河川湿原など豊かな自然に恵まれ、ナベコウ(黒コウノトリ)やヨーロッパミンクをはじめとする希少な野生動物が生息する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる