鍋鸛(読み)なべこう

精選版 日本国語大辞典「鍋鸛」の解説

なべ‐こう ‥こふ【鍋鸛】

〘名〙 コウノトリ科全長一メートル、翼開張一・七メートルで、コウノトリより小さい。羽色は黒色紫色金属光沢があり面は白い。あしとくちばし赤色ヨーロッパ・アジア北部に広く分布し、冬季、九州南部などにまれに渡来

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鍋鸛」の解説

なべ‐こう〔‐こふ〕【鍋×鸛】

コウノトリ科の鳥。全長約95センチ。腹が白いほかは全体に金属光沢のある黒色で、くちばしとは赤い。ユーラシア大陸に分布。日本では迷鳥

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「鍋鸛」の解説

鍋鸛 (ナベコウ)

学名Ciconia nigra
動物。コウノトリ科の渡り鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android