ラベルスイッチング(読み)らべるすいっちんぐ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

ラベルスイッチング

IETFが標準化を進めている、ラベルスイッチング方式を用いたパケット転送技術。別名マルチプロトコルラベルスイッチング。現在のインターネットで主流となっている、ルーターを用いたバケツリレー式のデータ転送を、より高速・大容量化する技術。この技術によって、経路計算処理と転送処理の分離が可能となり、個々のルーターの負担が軽減され、処理の高速化を実現する。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android