コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

RFC アール エフ シー

4件 の用語解説(RFCの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

RFC

インターネットに関する技術や仕様、運用規則などを定める文書。IETFInternet Engineering Task Force)が管理している。「Request for Comments(コメント求む)」は、インターネット初期の自由な意見交換の文化を反映している。初期のインターネットはあくまでも研究プロジェクトであり、研究と運用が同時に行われる環境だった。この段階でインターネットに参加しているのは大半が研究者であり、インターネットを利用しつつ研究や改良に従事していた。この環境で、研究者相互での情報交換や新技術などの提案に使われたのがRFCである。 メールソフトやサーバーなどを開発する場合、RFCの規定に準拠することが求められる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

アール‐エフ‐シー【RFC】[request for comments]

request for comments》インターネット関連技術の標準化組織、IETFが策定し、定期的に発行している仕様文書。日本語で「コメント募集」を意味する。IPTCPPOP3SMTPなどの仕様がRFCで公開された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

RFC

〖Request for Comments〗 〔コメントの募集の意〕
インターネット技術を議論する任意団体 IETF によって作成・公開されている文章群。インターネットに関する技術提案やコメントなどが記されている。インターネット技術における事実上の標準として機能する仕様も多く含まれる。IP の標準に関する RFC 791 など。 → IETF

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

RFC
あーるえふしー

IETFが策定したインターネット技術の標準的な仕様を記した文書のこと。リクエスト・フォー・コメントRequest For Comments(コメントを募集するの意味)の略。IETFのワーキンググループ(各作業部会)で討議された技術仕様は、IESG(Internet Engineering Steering Group、IETF代表やISOCインターネット協会Internet Society)関連団体メンバーで構成した組織)による承認を経て、RFCを頭文字として通し番号を割り当てたファイル名の文書としてインターネット上に公表される。現在のインターネット技術の実質的な国際標準となっているものが多く、ドメインネームDomain Names(インターネットドメイン名といい、インターネット上の住所のようなもの。RFC1035)、IP(インターネットプロトコルInternet Protocolの略で、アメリカ国防総省のもとで開発された通信規約。RFC791)、HTTP(Hypertext Transfer Protocolの略で、インターネット上で接続した機器のデータのやりとりに使う通信規約。RFC2616)などがある。
 もともとインターネット技術はアメリカの国防総省の資金援助で研究開発がなされたため、その研究結果は公開できない決まりがあった。しかし、技術仕様の広い普及に意義をみいだした開発者が、よりよいものにするために「開発技術に広く意見を求める」という意味で研究結果を公開した。そのときに名づけた文書名がRFCで、それが現在も使われている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

RFCの関連情報