コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムサール ラムサール Rāmsar

2件 の用語解説(ラムサールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムサール
ラムサール
Rāmsar

旧名はシャフトサル。イラン北部,マーザンダラーン州西部の町。カスピ海に沿って 2kmに延び,樹木の多い美しい避暑地。チャールース経由でテヘランより 285kmにある。 1968年ラムサール会議が開かれ,大学問題が討議され,また 71年にはラムサール条約が採決された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラムサール(Rāmsar)

イラン北部、マーザンダラーン州の都市。カスピ海に面する。古くから避暑地として知られ、パフラビー1世が建てた宮殿(現在は博物館)がある。湿地保全に関する国際条約、通称ラムサール条約の締結の地として知られる。ラームサル。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラムサールの関連キーワードゲノッセンシャフトシャフトメーンシャフトカーボンシャフトカウンターシャフトカムシャフトプロペラシャフトボロンシャフトクランクシャフトドライブシャフト

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムサールの関連情報