コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムサール ラムサールRāmsar

2件 の用語解説(ラムサールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムサール
ラムサール
Rāmsar

旧名はシャフトサル。イラン北部,マーザンダラーン州西部の町。カスピ海に沿って 2kmに延び,樹木の多い美しい避暑地。チャールース経由でテヘランより 285kmにある。 1968年ラムサール会議が開かれ,大学問題が討議され,また 71年にはラムサール条約が採決された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラムサール(Rāmsar)

イラン北部、マーザンダラーン州の都市。カスピ海に面する。古くから避暑地として知られ、パフラビー1世が建てた宮殿(現在は博物館)がある。湿地保全に関する国際条約、通称ラムサール条約の締結の地として知られる。ラームサル。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラムサールの関連情報