コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムサール Rāmsar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムサール
Rāmsar

旧名はシャフトサル。イラン北部,マーザンダラーン州西部の町。カスピ海に沿って 2kmに延び,樹木の多い美しい避暑地。チャールース経由でテヘランより 285kmにある。 1968年ラムサール会議が開かれ,大学問題が討議され,また 71年にはラムサール条約が採決された。人口約 2000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラムサール(Rāmsar)

イラン北部、マーザンダラーン州の都市。カスピ海に面する。古くから避暑地として知られ、パフラビー1世が建てた宮殿(現在は博物館)がある。湿地保全に関する国際条約、通称ラムサール条約の締結の地として知られる。ラームサル。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ラムサールの関連キーワード鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田宮城県栗原市若柳上畑岡宮城県登米市迫町新田石川県加賀市片野町ドニャーナ国立公園東海丘陵湧水湿地群宮城県栗原市若柳宮城県栗原市築館宮城県大崎市田尻大山上池・下池アンバランゴダ肥前鹿島干潟豊見城[市]別寒辺牛湿原ワイズユース渡良瀬遊水地国際湿地条約高島[町]野洲[市]東よか干潟

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラムサールの関連情報