コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス5世 ラムセスごせいRamses V; Ramesses V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス5世
ラムセスごせい
Ramses V; Ramesses V

古代エジプト第 20王朝4代目の王 (在位前 1160~前 1156) 。ラメッセス5世とも呼ばれる。ラムセス4世の子。アモン神の高級神官の権力が強大となり,国の財政を掌握。王は父王の起工した神殿建設に専念。退位を余儀なくされ,天然痘で死亡したらしいが,ミイラの頭部に死の前後に加えられた重傷の形跡がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ラムセス5世の関連キーワードシナイ半島

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android