コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス5世 ラムセスごせいRamses V; Ramesses V

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス5世
ラムセスごせい
Ramses V; Ramesses V

古代エジプト第 20王朝4代目の王 (在位前 1160~前 1156) 。ラメッセス5世とも呼ばれる。ラムセス4世の子。アモン神の高級神官の権力が強大となり,国の財政を掌握。王は父王の起工した神殿建設に専念。退位を余儀なくされ,天然痘で死亡したらしいが,ミイラの頭部に死の前後に加えられた重傷の形跡がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ラムセス5世の関連キーワードシナイ半島

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android