掌握(読み)しょうあく

精選版 日本国語大辞典「掌握」の解説

しょう‐あく シャウ‥【掌握】

〘名〙
① 手につかむこと。手に入れること。また、つつみこむこと。
※菅家文草(900頃)三・新月二十韻「蛾眉細不如、蔵応、動欲吹嘘
往還の記(1963‐64)〈竹西寛子〉二四「絶世の美人がずしも男の愛を掌握するとは限らない」
② 自分の意のままに支配できるようにしておくこと。
※太平記(14C後)二「上慢の(はたほこ)高して、遂に天魔の掌握(シャウアク)の中(うち)に落ちぬべし」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「この余度々の危難を脱れて、に海内を掌握(セウアク)したまふ事は」 〔史記‐淮陰侯伝〕
③ 盗むことをいう俗語。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「『玄四郎(げんしろ)(〈注〉ぬすみ)』したり『掌握(シャウアク)(〈注〉ヌスミ)』したりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「掌握」の解説

【掌握】しよう(しやう)あく

手中にある。〔史記、淮陰侯伝〕且つ王は必とすべからず。身、項王の掌握の中に居りしこと數(しばしば)なり。項王れみて之れを活かせり。然れどもするを得て、輒(すなは)ち(そむ)く。

字通「掌」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android