掌握(読み)ショウアク

  • しょうあく シャウ‥
  • しょうあく〔シヤウ〕

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)《手ににぎる意》自分の思いどおりにすること。全面的に自分の支配下に置くこと。「政権を掌握する」「部下を掌握する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 手につかむこと。手に入れること。また、つつみこむこと。
※菅家文草(900頃)三・新月二十韻「蛾眉細不如、蔵応掌握、動欲吹嘘
※往還の記(1963‐64)〈竹西寛子〉二四「絶世の美人が必ずしも男の愛を掌握するとは限らない」
② 自分の意のままに支配できるようにしておくこと。
※太平記(14C後)二「上慢の幢(はたほこ)高して、遂に天魔の掌握(シャウアク)の中(うち)に落ちぬべし」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「この余度々の危難を脱れて、竟に海内を掌握(セウアク)したまふ事は」 〔史記‐淮陰侯伝〕
③ 盗むことをいう俗語。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「『玄四郎(げんしろ)(〈注〉ぬすみ)』したり『掌握(シャウアク)(〈注〉ヌスミ)』したりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

掌握の関連情報