掌握(読み)ショウアク

デジタル大辞泉の解説

しょう‐あく〔シヤウ‐〕【掌握】

[名](スル)《手ににぎる意》自分の思いどおりにすること。全面的に自分の支配下に置くこと。「政権を掌握する」「部下を掌握する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうあく【掌握】

( 名 ) スル
手の中におさめること。物事を意のままにすること。 「人心を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐あく シャウ‥【掌握】

〘名〙
① 手につかむこと。手に入れること。また、つつみこむこと。
※菅家文草(900頃)三・新月二十韻「蛾眉細不如、蔵応掌握、動欲吹嘘
※往還の記(1963‐64)〈竹西寛子〉二四「絶世の美人が必ずしも男の愛を掌するとは限らない」
② 自分の意のままに支配できるようにしておくこと。
※太平記(14C後)二「上慢の幢(はたほこ)高して、遂に天魔の掌握(シャウアク)の中(うち)に落ちぬべし」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)残「この余度々の危難を脱れて、竟に海内を掌握(セウアク)したまふ事は」 〔史記‐淮陰侯伝〕
③ 盗むことをいう俗語。
※滑稽本・浮世床(1813‐23)二「『玄四郎(げんしろ)(〈注〉ぬすみ)』したり『掌握(シャウアク)(〈注〉ヌスミ)』したりする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

掌握の関連情報