コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムセス8世 ラムセスはっせいRamses VIII; Ramesses VIII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムセス8世
ラムセスはっせい
Ramses VIII; Ramesses VIII

古代エジプト第 20王朝7代目の王 (在位前 1147~前 1140) 。ラメッセス8世とも呼ばれる。財政に関するいくつかのパピルス文書によってのみ彼の治世は知られるが,アモン神殿直轄領が全国に広がって租税権を奪われ,治世4年目には物価騰貴が起こり,穀類の価格が3倍に跳ね上がった。しかし上下ナイルの通商が順調であることから国の統一は保持されていたと推定される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android