物価騰貴(読み)ぶっかとうき

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 商品の価格が、異常に高くなること。
※太政官日誌‐慶応四年(1868)四月三日「殊更東武之地物価騰貴(ブッカトウキ)(〈注〉アタヒアガル)、小民飢餓離散の者も」 〔隋書‐食貨志〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android