コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラムパーン県 ラムパーンLampang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラムパーン〔県〕
ラムパーン
Lampang

タイ北部の山地にある県。県域の8割近くが森林で,中央をワン川が流れる。 16~18世紀はビルマの支配下にあり,ビルマ様式を伝える建造物が残っている。もち米,タバコなどの農産物のほか石炭,アンチモン,鉛などを産する。県都ラムパーンはバンコクチエンマイを結ぶ鉄道にのぞみ,北タイの商業中心地の一つ。面積1万 2518km2。人口 72万 9000 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報